スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンときどき盆②

こんばんは、千尋です。今日はゲーセンのクレーンゲームでガッポリ景品をとってきましたよ!!これは次のブログで書くことにします(#^.^#)大分クレーンゲームが得意になってきた気がしますね!!

さてさて、前回のブログに引き続いて「ハロウィン」について書いていきましょう。日本では「仮装をして街を練り歩く」イベントになってますが、そもそも何故仮装をするのか??これについてまず説明していきます。

ハロウィンとは、そもそも古代ケルト人の風習であり、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でした。そして、10月にハロウィンを行う理由もきちんとあります。元々、ケルト人の1年の終りは10月31日で、この夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていました。ですが、童子に有害な精霊や魔女も来ると信じられており、彼らから身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたと言われています。つまり、そもそも仮装するのは「お化けの振りをして精霊や魔女に襲われたり連れて行かれないようにする」という理由があったのです。

ここで「ああ、それでブログのタイトルがこうなのか」と気付かれた方もいると思います。そう、ハロウィンは時期が違えども、日本の盂蘭盆に極めてよく似た風習なのです。日本ではお盆に死者が現世へ帰って来る訳です。そして盆踊りの時にお面を付けますが、これは「生者と死者の区別を一時無くす(諸説あります)」という意味が込められています。どちらにしてもこの世の人間とそうでない人間が一時交わるイベントという訳です。ちなみに、盆踊りの発祥もこれまた面白いのですが、これは後の機会にとっとくことにします。

話をハロウィンに戻しましょう。ハロウィンで有名なのはかぼちゃのお化けですが、実は元々はかぼちゃではなかったということはご存知でしたか??なんと、最初は「かぶ」だったのです。かぶをくり抜いてお化けの顔を作り中にロウソクを灯していたそうです。ちなみに、当時のかぶのくり抜いた現物が残っているので、その写真を掲載します。

こわいかぶ


!?・・・怖っ!!((((;゚Д゚))))当時の風習というか、以下に悪霊が恐れられていたか伝わってきますね・・・これが英国に伝わり「かぼちゃのお化け」に変わっていくわけですが、まだかぼちゃのお化けの方がかわいいですよね。しかし!!かぼちゃのお化けも実は相当な恐ろしさを誇る怪物です。次回は「かぼちゃのお化け」について書いていきたいと思っています。

しかし、あのかぶのお化けは怖い・・なので今回は少し可愛いハロウィングッズを紹介してブログを締めたいと思います。今回は「デコレーションケーキ」についてのサイトを紹介してみます!!





こちらは写真やキャラクターをデコレーションしてケーキを作ってもらえるサイトになります!!きっと可愛いケーキを作ってくれるはず!!

ハロウィンケーキ
画像引用元⇒http://matome.naver.jp/odai/2134746655715986101/2134848200106576603

やっぱり可愛いハロウィンの方がいいですよね(笑)ですが、次のブログでは恐ろしい妖怪を紹介するかも?(。-∀-)

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

ハロウィンときどき盆①

こんにちは、千尋です。もうすぐ10月というのに暑さは残っています。ですが、デパートやスーパーではいつの間にか「ハロウィン」コーナーが設置されています。というかここ最近ですよね、日本でハロウィンが流行り始めたのって。毎年、渋谷や原宿ではこんな光景がみられるようになりました。

日本のハロウィン
引用元⇒http://blog.livedoor.jp/zzcj/archives/51905766.html

こんな感じの人たちをTVでもよく見るようになりました。画像引用元のブログにある通り、海外の反応も結構良かったりします。ただし、オリジナルのハロウィンとは少し違った形になっているのも事実です。勿論、僕は今の日本のハロウィンも好きです。オリジナルのハロウィンについての知識を学んだ上で日本式ハロウィンを楽しむと、もっともっと面白いことになるかな、と思っているのです(*^_^*)僕自身、コスプレしている人を見るの好きですしね(笑)

ところで「コスプレ」というのはかなり奥が深いものらしいですね。僕の友人にレイヤーさんがいるのですが、衣装を自分で用意したりメイクしたり、カメラマンさんを呼んだりとかなりこだわってるのが分かります。何が凄いって衣装を手作りする人が多い、ということですよね!!ただ、果たしてハロウィンのコスプレを手作りしている人はどれくらいいるのか・・・ちょっと気になります。そんな訳で今回はハロウィン向けに「コスプレ」関係に便利なサイトを紹介してみます。

一番目はこちらの「GOOD LUCK」さんです。




こちらはコスプレ衣装を売っているサイトです。ちょうどハロウィン特集をやっているようなので今から衣装を買うのもアリですね!!僕は全身幽霊とか全身かぼちゃになりたい(笑)

二番目はこちらの「DOLCE CONTACT」さんです。




名前の通り、コンタクトレンズが購入出来るサイトです。というか見て分かる通り「カラーコンタクト」のサイトです。これは、僕の友人のギャルが教えてくれたサイトだったりします(笑)ハロウィンのコスプレに一工夫入れたい方、カラコンを試してみるのもありかもですよ(´∀`)というか驚いたのが、カラーコンタクトにも度入りってあるのですね!!技術の進歩は凄いってことですね。


おっと、気付いたら肝心の「オリジナルのハロウィン」についての説明が出来ていなかったですね。次回はそれについて「妖怪」と関連付けて書きたいと思います。そうじゃないとタイトルが謎ですからね(笑)

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

せどりせどらーせどりすと②

※記事の再投稿をしました。もうしわけありません。

こんばんは、千尋です。先程のブログでは「せどり」について書きました。その上で以下のおすすめ商材を紹介致しました。





これらの商材は便利なのは確かですが、一方で多少値段が張るのも事実です。というのも、こういう情報商材というのはノウハウを伝授する商材ということですのでどうしても値段が高くなりがちなのです。ですので、今回はもう少し安い値段で「せどり」について学べる商材を紹介致します。







これらの商材はどちらも古道 和俊氏の制作です。この人はせどり界では有名な人で、ネットで検索するとすぐに情報が出てきます。つまり、この商材は「実力のあるせどらーが書いたせどりの教科書」という感じです。前回のブログで紹介したのは教科書に加えてツールが付いているイメージです。個人個人で学習法は違うので、最終的には自分自身で納得して自分の手に入れたい商材を購入することが重要だと思います(*^_^*)

ただ、一つアドバイスがあります。前にもちょっとだけ書きましたが、僕は所謂旧帝国大学出身です。その時の僕自身の大学受験体験から感じるのですが、こういった商材は多く購入するのでなく、気に入った商材を定めて使いこなせるようにすることの方が大事だと思います。多くの商材に手を出して、結局一つも自分で吸収できないのが一番の損ですからね。


さてさて、今回せどりのことを書くのはここまでにして、そろそろ「妖怪」のことについて書きましょうか!!何せ前回のブログで「せどりに関係のある妖怪」について書くと宣言してしまいましたからね(笑)とはいえ、やはり「せどり」という特定ジャンルだと難しすぎたので、少し範囲を広げて「商売に関係のある妖怪」について書くことにします!!さあ、今回選ばれし妖怪は・・・














座敷童子1

日本由来の妖怪、座敷童子ちゃんです!!

座敷童子について簡単に説明します。座敷童子の発祥は岩手県ですが、青森県、宮城県、秋田県など東北地方各県にも分布するといわれています。一般的には5、6歳くらいの子供といわれてますが、年恰好は住み着く家ごとに異なるともいい、下は3歳程度、上は15歳程度の例もあるそうです。性別は男女両方が見られ、男の子は絣か縞の黒っぽい着物を、女の子は赤いちゃんちゃんこや小袖、ときには振袖を着ているといわれます。男女2人など複数が家に住み着いていることもあるそうです。
悪戯好きで、小さな足跡を灰やさらし粉の上に残し、夜中に糸車を回す音を立てるともいわれ、奥座敷で御神楽のような音を立てて遊ぶことがあるそうです。また家の人が一人で縫い物をしていたとき、隣の部屋で紙ががさがさする音や、鼻を鳴らす音がするので、板戸を空けると誰もいないなどの話が有名です。また、座敷童子にも位があるとする地域や伝承も存在し、「十方庵遊歴雑記」には、岩手県奥州市江刺区稲瀬の座敷童子についての記述が見られ、家の土間にいる座敷童子を、「コメツキワラシ」、「ノタバリコ」、「ウスツキコ」などと言い、 奥座敷にいる色の白い最も綺麗な座敷童子を「チョウピラコ」と呼んでいるそうです。

このように座敷童子とはその名の通り子供の姿をした妖怪で人が住んでいる家に住み着く妖怪です。また、男女ともに存在すると言われていますが、最近の漫画や小説だと「女の子」のイメージの方が強い気がします。先程上げた画像は「鬼灯の冷徹」に出てくる座敷童子ペアですがやはり女の子ですしね。


さて、何故座敷童子と商売が関係あるのか、という話ですが、これは予想がつく皆様も多いような気がします。それは、座敷童子がいる家は栄え、座敷童子の去った家は衰退するという伝説からです。こうした面から、座敷童子は福の神のようなもの、または家の盛衰を司る守護霊と見なされることもあるのですが、これは一般の家だけでなく、商家にも当てはまります。「鬼灯の冷徹」にも以下のようなくだりがあります。

座敷童子2

といっても座敷童子は勝手に出ていくわけではありません。繁盛にあぐらをかいて商家が努力を怠ったり、欲に溺れたりすると出て行くのだそうです。商売とは他者のために行う、というのが本質です。それを忘れたとき、座敷童子は去っていくのでしょう。僕もこういったアフィリエイトブログをしていますが、読者のためになるブログを書けるよう自戒したいですね。


ところで、先程から「鬼灯の冷徹」の画像を使用させて頂いていますが、この座敷童子ペアの性格がなかなかシュールで面白いのです。まあ、鬼灯様が気に入るぐらいですからね(笑)だけど、時折「可愛い西洋の洋服が着たい」とお願いするなど可愛らしい面もあります。ただ・・・


















座敷童子3

完全に幼稚園児という雰囲気でご不満な様子でしたが(笑)この辺がこの漫画の面白いところですね(笑)

ちなみにおなじみ「妖怪百姫たん」にも座敷童子は登場します。

座敷童子4

こちらは「寂しがりやで天性の甘え上手」というキャラクターで、妖怪百姫たんでも大人気のキャラです!!ちなみに僕に「あれ・・・俺ってロリコンじゃないよな・・・??」という疑惑を抱かせたキャラクターでもあります。


さて、だいぶ文章が長くなってしまいました。という訳で、本日も鬼灯の冷徹の宣伝をしてこのブログを締めるとしましょうか。

鬼灯の冷徹-ほおずきのれいてつ 全巻セット 1~22巻 以降続巻

価格:13,112円
(2016/9/23 23:49時点)
感想(2件)




全巻揃えるべしです(笑)

それでは、ここまでブログを読んで下さった方々、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

白澤のしょうもない真実、そしてハシビロコウは可愛かった②



こんばんは、千尋です。現在、友人から借りた本を読みながら頭の中でいろいろな事を考えております。何かしらいい方向に動いてくれることを祈ってます(笑)

さてさて、昨日のブログで「妖怪とハシビロコウ先生の共演なんてないよな(笑)」→「オギャアアア(あったよ、マジか(笑))!!」というところまで書きました。けれども、詳細を書けないままでした。ですので、今日はその漫画「鬼灯の冷徹」について簡単に説明します。

とはいっても結構な人気漫画でアニメ化もされてるそうですね!僕自身がハマったばっかりなので説明していいのか…(笑)ここはWikipediaのあらすじを載せておきたいと思います。

舞台は地獄。そこでは、戦後の人口爆発や悪霊の凶暴化により、亡者はあふれかえり、獄卒たちは人材不足に悩まされ、あの世は前代未聞の混乱を極めていた。そんな中、どこか頼りない閻魔大王に代わって地獄全272部署を治めているのは、以前閻魔大王に抜擢され、閻魔大王第一補佐官の座にまで上った有能な鬼神の鬼灯であった。鬼灯の幼馴染で衆合地獄主任補佐のお香、女癖が悪く、鬼灯に会うといつも張り合っている中国の神獣・白澤、元閻魔大王第一補佐官のイザナミノミコト、新人獄卒の唐瓜・茄子などの個性豊かなメンバーと共に、ドSな鬼灯たちの日常を描く。人にとっての地獄、それは鬼にとっての日常であった。


まあこの説明の通りで、シュールなギャグ漫画です。だからこそハシビロコウ先生が出ていたのでしょうか(笑)ちなみに調べてみると、



アニメの第一話でハシビロコウ先生出てました(笑)ちなみに、ハシビロコウ先生を見ているのが物語の主人公「鬼灯(ほおずき)」です。一言で言うと「地獄の辞書のドS=鬼灯」です(汗)超有能なんですけどね。

ただ、今日はこの鬼灯ではなく別の人物の紹介をしたいと思います。まあ、タイトルがネタバレなんですけどね(笑)



今回は「白澤」について説明したいと思います!!…って、すぐにナンパしないで下さい!!

え、えーとですね、白澤というのは中国における伝説の聖獣であり人語を理解できたといいます。その姿は諸説ありますが羊のような体をしているが目は3つあり、角も複数生えていると言われています。

この白澤で有名なのは「白澤図」です。 中国の伝説上の三皇五帝の一人である黄帝が、東方巡行した折に白澤に遭遇したとされ、その際に白澤は黄帝に1万1520種の妖異鬼神について語り、黄帝はこれを部下に書き取らせたそうです。この書を『白澤図』といいます。ここでいう妖異鬼神とは人に災いをもたらす病魔や天災の象徴であり、白澤図にはそれらへの対処法も記述されており、単なる図録ではなく今でいうところの防災マニュアルのようなものであったそうです。

このように、白澤というのは非常に格の高い存在です。ですが、ギャグ漫画の手にかかるとそうはいかなくなります。鬼灯の冷徹における白澤のキャラクターは

「優秀な薬剤師であり物腰も柔らかいが、とんでもない女たらしであり、そもそも薬を作り始めたのも夜の元気を取り戻すためとんでもない女たらしであり、そもそも薬を作り始めたのも夜の元気を取り戻すためという理由から」

こんなです。要するに、とっかえひっかえ女の子と遊んでる羨ましいキャラクターなのです!!ちなみに、この白澤さんは以下のような名言を残されてます。



ある意味尊敬できます。決して見習いたくはないですが。

そして、おなじみ「妖怪百姫たん」にも白澤は出てきます。



こちらは「その能力で百発百中の占いを行うお姉さん」という設定です。「鬼灯の
冷徹」の白澤に比べると随分マトモな性格をしています(笑)

いや、しかしですよ?これは僕の勝手な妄想ですが、もし「妖怪百姫たん」の白澤を「鬼灯の冷徹」の白澤が見つけたとしたら…











絶対にナンパしますよね。それも別世界の自分自身と知った上で。

そんなちょっと面白いキャラクターが登場する「鬼灯の冷徹」、興味を持った方orハシビロコウが好きな方はぜひ読んで見て下さい。

【在庫あり/即出荷可】【新品】鬼灯の冷徹 (1-22巻 最新刊) 全巻セット

価格:13,112円
(2016/9/22 22:58時点)
感想(16件)




ちなみに僕は大人買いしました(笑)

それでは、本日は「鬼灯の冷徹」について書いてみました。次回はハシビロコウのこと、そして再びビールのことを書いてみたいと思います。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

白澤のしょうもない真実、そしてハシビロコウは可愛かった①



こんばんは、千尋です。神戸への小旅行を終えて茨城へと舞い戻ってまいりました(*^_^*)ちなみに、格安航空券を使ったので往復で15,000円かかりませんでした。皆様も安く旅行をしたい時は以下のサイトをご利用下さい。










さてさて、今回僕が神戸までいったのはちょっとした仕事&友人(落花生むくのがうまいお方)に会うことが目的だったのですが、21日はとある場所までその友人と行ってきました。

神戸どうぶつ王国


そう・・・「神戸どうぶつ王国」へと!!
更に言えば、とある動物に会いにいくのが目的でした。そう・・・ハシビロコウ先生に!!

神戸どうぶつ王国は「触れ合える」というのを売りにしている動物園です(*^_^*)勿論、全ての動物を触れるわけではないのですが、柵が必要最低限しかないためかなり近い距離で動物を見ることができます。間近で撮影したハシビロコウ先生の写真がこちらです。

ハシビロコウ1

ハシビロコウ2


なかなかふてぶてしいですね・・・だけど、不思議なことにずっとみてると可愛くなってきまして。結局、閉園時間でハシビロコウ先生が建物内に引き上げるところまで見てました(笑)いや、ハシビロコウはマジで魅力的すぎる!!

そして動物園から出て友人と別れ、そのまま空港へ向かい茨城へと戻ったのですが、早速ハシビロコウ先生についてブログを書こう!!と思っていたらこんな時間に・・・しかも「妖怪」ブログだしそろそろ妖怪のことも書きたい・・・うーん、流石に妖怪とハシビロコウ先生の関係性なんてないよな・・・

鬼灯の冷徹0


・・・・・・ん??


鬼灯の冷徹0_よくみると


・・・・・・












金魚1

おぎゃああああ!!!あったよ!!(笑)最近ハマった漫画にあったよ、妖怪とハシビロコウ先生の共演!!


というわけで、次回はこのキャラクター、というかこの漫画についての解説をしていきたいと思います!!つーかがタイトルがネタバレという(笑)本当は今回のブログで書きたかったのですが、如何せん旅の疲れがあるもので・・・申し訳ありません。なるべく早く次回のブログを更新したいと思います。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。