スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茨城のビールから日本人が学ぶべきこと⑥

こんばんは、千尋です。金曜日ですしバーに行こうかなと考えつつこのブログを書いてます。今回はビールについて、というよりエールについて更に書いていこうかな、と考えています。本当のこと言うと「金魚草」について書きたかったのですが、あまりにもマニアック過ぎる危険性を感じ得なかっもので(笑)これはまた後に回します。


話をビールに戻します。以前、エールについて書いた時、エールには様々な種類があり、の違いは製造法というよりは材料で決まってくると説明しました。その時に載せたのが以下の説明です。

①ペールエール
ペールエールは、淡い色の大麦麦芽を使用して醸造したもののことです。イギリスのパブのビターが代表的ながペールエールです。アルコール度数は 3% から 4% 以上で、最高でバーレーワインの 12% です。ホップの度合いも様々で、ほとんど気づかないレベルからダブル・インディア・ペールエールの例のように 100 IBU 超まで幅広いものです。

②レッド・エール
レッド・エールはアイルランド発祥のエールビールです。麦芽に加え、焙煎した大麦のため僅かに赤い色となるためこの名前がついてます。一般的にかなり低アルコール(一般に 3.5%)です。レッド・エールはイギリスのエールより苦味とホップの香りが弱く、麦芽とキャラメルの香りがします。

③ブラウン・エール
ブラウン・エールは色の濃い大麦麦芽を使用して作るエールビールです。イギリスのマイルド・エールとベルギーのオード・ブラインが有名です。ホップが軽く、かなり口当たりのよい風味です。

④スコッチ・エール
スコッチ・エールはモルトの効いた、色の濃いビールとして世界的に使われています。もともとはスコットランド発祥です。麦芽は僅かに焙煎、または(ウィスキーのように)燻煙され、タフィーの風味付けがされます。


これらはエールの種類の中の一部ですが、かいつまんで説明すると「色」の違いが特徴で、それは麦芽や大麦の種類であったり焙煎の有無で決まる「色」の違いが特徴で、それは麦芽や大麦の種類であったり焙煎の有無で決まる、ということです。この違いは地域ごとの気候や文化で決まってきます。そして、当然味の違いも生まれてくるわけです。


これが前回の文そのままのものです。実は、この時僕は敢えて一つ説明を省いたものがあります。それが本日説明する「ダークエール」になります。

ダークエール
ダーク・エールは、濃く焙煎した大麦麦芽を使用して醸造するエールビールです。かつては「ポーター」と呼ばれたロンドンのスタイルであり、次第にロンドンでは衰退していったものの、近年北アメリカのシエラ・ネバダ等で復活しています。ポーターの色は茶色から黒まで幅広く、アルコール度数の強いものは「スタウト・ポーター」また「スタウト」として知られています。


これが簡単なダークエールの説明ですが、お気づきになった読者の方々もいらっしゃるのではないでしょうか?そう、このダークエールとは「ポーター」「スタウト」という2種類に分類されるのです。ダークエールという言葉は知らなくとも「ポーター」「スタウト」という言葉を知っている、あるいは聞いたことのある方々は多いと思います。それに「エール」全体の説明をしてからさらに細分化したほうが分かりやすい気がしたのであえて「ダークエール」は後回しにしていました。

ということで本日はダークエールの一つである「ポーター」について説明していきたいと思います。ポーターは18世紀に開発されたビールで、焙煎した茶色麦芽を用いた点が特徴です。焦がした麦芽の芳香とホップの苦さが味わえ、いわばコーヒーのような風味がするビールです。通常は硬水ではなく軟水で醸造されます。「ポーター」という名称は、テムズ川でロンドン市内まで運ばれた物品を市内各所に配送していた人々(ポーター)が好んで呑んだ事から来ているそうです。

しかし、このポーターというビールは発祥したロンドンでは一時期衰退してしまいます。というのも、このポーターというビールは醸造に18ヶ月ほどかかるビールで手間がかかったこと、次第に味がロンドンの人々に好まれなくなってしまったそうなのです。とはいえ、やはり良いビールに違いはなく上述したアメリカ、またイギリスでもリバイバルという形で生産されるようになっています。いわば「古くて新しいビール」というわけです。日本でもビールバーに行けば飲めるものであり、比較的メジャーなビールだと思います。

そしてこのビールの最大の特徴は「飲み方」にあります。といっても不思議な飲み方をするものではありません。個人の好みによりますが瓶で飲もうと専用グラスを使おうとそれは自由です。ですが、ポーターを味わうとき余りお勧めできない行為があります。そは「ビールを冷やすこと」「ゴクゴク飲むこと」なのです!!何故かというと、ポーターというのはアルコール度数が比較的高いビールであり芳醇で繊細な味がするものです。そのため、ぬるめの温度でちびちび味わうのが良いのです。勿論これは「こうしなくてはならない」ではなく「こうした方がいい」という話です。個人の好みで多少冷やしたりしたって僕はいいのでは、と考えています。

実体験として面白い話があります。それは数年前に僕がイギリスに住んでいた時にパブでポーターを頼んだ時のことです。店員さんがキンキンに冷えたポータービールの瓶を渡してきたのです。僕が「ポーターなんだしぬるめでいいのに(笑)」と店員さんに言ったらその店員さんがこう返答したのです。

「近頃の若い奴らはビールが冷えてないと文句言うんだよ(・ω・`)」

そのパブは多国籍な人が来るところだったので何とも言えませんが、どうもビールを冷やすというのが流行り始めてるみたいです。その店員さんはぬるめで飲んで欲しいのに、と愚痴ってましたが(笑)若者と中年の争いはどこの国でもあるのでしょうね。


さて、そんなポーターですが、僕のお勧めは何種類もありすぎて困っています(笑)ですが、ここはとりあえず二つ選んでみました。まず一つ目は「フラーズ ロンドンポーター」です!!

【イギリスビール】 フラーズ ロンドン ポーター 330ml

価格:410円
(2016/9/23 21:54時点)
感想(0件)




初めての方にはこれがポータービールを味わうのに一番いいのではないかと思います。冷やした時とぬるめの時の味の違いが比較的分かりやすいし、何より味わい豊かなので是非飲んでみてほしいです(*^_^*)

もう一つが「デイ オブ ザ デッド ポーター」です!!

【ドクロのビール!】 デイ オブ ザ デッド ポーター 330ml

価格:321円
(2016/9/23 22:03時点)
感想(0件)




なんと、ドクロの柄をしたビールΣ(゚д゚lll)かなりのインパクトがありますね!!しかし、このビールは米ビール専門誌『DRAFT MAGAZINE』にて、ビール・オブ・ザ・イヤー2013において最高得点を獲得したほどのものなのです。実は、メキシコにて古くから醸造されてきたクラフトビールなのです。このインパクト抜群のパッケージは、ラテンアメリカ諸国の伝統行事「死者の日」のシンボルをあしらったものだそうです。死者の日とは毎年11月1、2日に制定されているメキシコを中心とした祝日で、家族や友人が集い故人に想いを馳せ、語り合い祈りを捧げる日のことです。ゆっくり飲むポーターですし、ぴったりなのかもしれないですね。是非皆様も飲んでみてください(*^_^*)


というわけで本日は「ポーター」について書いてみました。次回はこの流れで「スタウト」について書いてみたいと思います。もしかしたら金魚草について「おぎゃああああ」と書いてるかもしれませんが(笑)

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

茨城のビールから日本人が学ぶべきこと⑤ 神戸旅情編

おはようございます、千尋です。無事に神戸に着きお洒落なバーで友人と飲んでおりました(*^^*)ちなみに、その友人は中国人なのですが、おつまみで出た落花生をむくのが異常に上手かったのです。どうも、中国では正月とか結婚式とかで落花生が出るのだとか…これもまた文化の違いというやつでしょうか(笑)

さて、今回神戸に来たのはこの友人と飲むためなのですが、折角なのでビールバーに行ってきました。というのも、一つ飲みたいビールがあったからです。それがこのビールになります。



その名も「プリンセスジャスミン」というベルジャンホワイトです!ちなみにベルジャンホワイトというのは、ベルギーの白ビールの種類の一つで最もメジャーなものです。日本のスーパーなどでもベルジャンホワイトのビールは簡単に手に入ります。それがこちらです。

ヤッホー・ブルーイング[よなよなエール] 水曜日のネコ 350ml 6本 ☆

価格:1,600円
(2016/9/20 23:47時点)
感想(5件)




そう、水曜日のネコです。これが実はベルジャンホワイトビールになります。非常に飲みやすいビールですよ!

本当はプリンセスジャスミンを紹介したかったのですが、限定ビールということで少々手に入れるのが困難なのです…ですので今日は水曜日のネコの紹介をしました。

さて、もっとブログを書きたいのですが如何せん酔いが回ってきました(笑)今日はこの辺で筆を置き、神戸の夜を楽しむことにしましょう。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

茨城のビールから日本人が学ぶべきこと④

こんばんは、千尋です。今日で三連休も終わりですが、台風が近づいています。今年は妙な時期に台風が多いですよね。

僕がイギリスに住んでいた頃は急な通り雨に悩まされたものです。ほんとに急に降って急に晴れるからたちが悪くて(笑)イギリスのパブでは外に沢山席があるのですが、雨が降ってくると「一回中に入るかー」なんていいながらビールやらシードルやらを頼む、というのがしばしばでした。そんなな時に飲むビールの一つが昨日話した「エール」だったわけです。

そしてこのエールは様々な種類があります。そしてその違いは製造法というよりは材料で決まってきます。簡単に何種類か説明していきます。

①ペールエール
ペールエールは、淡い色の大麦麦芽を使用して醸造したもののことです。イギリスのパブのビターが代表的ながペールエールです。アルコール度数は 3% から 4% 以上で、最高でバーレーワインの 12% です。ホップの度合いも様々で、ほとんど気づかないレベルからダブル・インディア・ペールエールの例のように 100 IBU 超まで幅広いものです。

②レッド・エール
レッド・エールはアイルランド発祥のエールビールです。麦芽に加え、焙煎した大麦のため僅かに赤い色となるためこの名前がついてます。一般的にかなり低アルコール(一般に 3.5%)です。レッド・エールはイギリスのエールより苦味とホップの香りが弱く、麦芽とキャラメルの香りがします。

③ブラウン・エール
ブラウン・エールは色の濃い大麦麦芽を使用して作るエールビールです。イギリスのマイルド・エールとベルギーのオード・ブラインが有名です。ホップが軽く、かなり口当たりのよい風味です。

④スコッチ・エール
スコッチ・エールはモルトの効いた、色の濃いビールとして世界的に使われています。もともとはスコットランド発祥です。麦芽は僅かに焙煎、または(ウィスキーのように)燻煙され、タフィーの風味付けがされます。


これらはエールの種類の中の一部ですが、かいつまんで説明すると「色」の違いが特徴で、それは麦芽や大麦の種類であったり焙煎の有無で決まる「色」の違いが特徴で、それは麦芽や大麦の種類であったり焙煎の有無で決まる、ということです。この違いは地域ごとの気候や文化で決まってきます。そして、当然味の違いも生まれてくるわけです。

その中でもイギリスの歴史に大きく影響され、かつ僕が好きなビールがIPA(インディアンペールエール)です。今日はこのIPAの説明&おすすめのIPAを紹介したいと思います。


IPA は、当初はイギリスからアジアの植民地、つまりインドに運ぶ間腐敗を防ぐようにホップを強めて濃い比重で醸造ホップを強めて濃い比重で醸造されました。このため、極めて苦い味、もっというとホップの味がするビール極めて苦い味、もっというとホップの味がするビールです。

このため、先日のサリトスやよなよなエールといった味わいとは全く違ってきます。これは「大人の苦い味わい」を楽しみたい人におすすめです。これがビールの面白いところで様々な味があるのです。でも「大麦、麦芽、水を使って醸造」すればビールになるのです。ぜひぜひいろんなビールを楽しんでみるといいですよ(*^^*)

さてさて、僕の主観で好きなIPAを紹介しましょう。それがこちらです!

ブリュードッグ・パンクIPA 瓶 330ml【クラフトビール】【敬老の日】【残暑見舞い】【05P06Aug16】<輸入ビール ギフト プレゼント Gift お酒 酒>

価格:432円
(2016/9/20 01:14時点)
感想(0件)




その名もPUNK IPAです!!このビールはホップの苦味が効いた美味しさが特徴です。僕がイギリスにいた頃、最も飲んでたビールでもあります。





それぞれイギリスのスーパーで売っていたPUNK IPA、パブで飲んだIPAです。瓶のまま飲んでたなあ、なんて思い出しました(笑)

1ダースのPUNK IPAのリンクも載せておきますね。

ブリュードッグ・パンクIPA 瓶 330ml×12本【クラフトビール】【敬老の日】【残暑見舞い】【05P06Aug16】<輸入ビール ギフト プレゼント Gift お酒 酒>

価格:5,184円
(2016/9/20 01:26時点)
感想(0件)





という訳で、本日もエールについて説明しました。このビールシリーズ、もう少し続けていきますね!

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!


茨城のビールから日本人が学ぶべきこと③

こんばんは、千尋です。連休ということで、ゲーセンに行ってクレーンゲームでぬいぐるみやらフィギュアやらを取ってまいりました(*^^*)



ちなみにかかった金額は2500円位。果たして得してるのか、それとも損してるのか(笑)


さてさて、ビールについて語るシリーズですが、第三回に突入です。今日は何のビールについて書くべきか迷ってたのですが、ブログにコメント書いてくださった皆様は「エール」が好きという人が多いようです。ですので、本日は「エール」について書きたいと思います。

エールをものすごく簡単に説明するなら、上面発酵で作られるビールのこと、の一言になります。対照的に下面発酵で作られるビールのことを「ラガー」と呼びます


ここで、そもそも上面発酵と下面発酵の違いを書かないとダメですね。

上面発酵・・・上面発酵酵母を使用し、やや高めの温度(20~25℃)で発酵を行う醸造法で、発酵中に酵母が浮上し、液面に酵母の層ができることからこの名があります。イギリスでは現在でもこのタイプが多く残っています。フルーティな香味が特徴です。
下面発酵・・・下面発酵酵母を使用し、低温(6~15℃)で発酵を行い、発酵が終わると酵母がタンクの底に沈降するのでこの名が付けられています。19世紀以降、世界的に主流となっているビールはこのタイプです。


このように、発酵後の酵母の層がどこに出来るかの違い、といえるわけです。そして、エールタイプのビールは上述したようにイギリスで多く飲まれています。日本人の方で「エールが好き」とおっしゃる方の多くはイギリスのエールビールを飲んで気に入った、というパターンが圧倒的みたいです。


ところがこの「エール」というビール、人によって様々な感想があり、しかも大きく違ってきます。ある人は「甘くて優しい味わいのビール」、ある人は「苦くて濃いビール」なんてことが日常茶飯事です。どうしてこんなことが生まれるのでしょうか?

実は、エールという種類は更に細かく分類されていき、それによって大きく味も見た目も変わってくるエールという種類は更に細かく分類されていき、それによって大きく味も見た目も変わってくるのです。この分類については次回のブログで説明します。まず、今日はイギリスの代表的なエールビールである「バスペールエール」について説明します。

バスペールエール 355ml 瓶イギリスの典型的エールビール【単品販売】

価格:260円
(2016/9/19 00:42時点)
感想(0件)




これはイギリスのエールビールの中でも代表的なものであり、 創業者ウィリアム・バスの名にちなんで「バスペールエール」と呼ばれています。バス氏は、イギリス中部のバートン・オン・トレントの地に醸造所を作ったのですが、ここの湧水が硬水であり、この良質な硬水によって特有の味わいが生み出されています。もちろん、僕自身もよく飲むビールであり、その味は「優しい甘みと、ホップの苦味が両立している」といえます。

エールビールが初めて、という方は「よなよなエール」なんかがいいかもしれません。

【ヤッホーブルーイング公式】【送料込】よなよなエール12缶セット8年連続金賞受賞香りとコクの本格クラフトビール【地ビール,アメリカンペールエール】

価格:3,602円
(2016/9/19 00:54時点)
感想(31件)




このビールはコンビニにも売ってますしおすすめです。

という訳で今回のブログではエールビールについての説明の導入をさせて頂きました。次回は更に踏み込んだエールの説明を書いていきたいと思います。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:こんな記事書きました!

茨城のビールから日本人が学ぶべきこと①

こんばんは、千尋です。明日から三連休の人も多いですよね(*^^*)僕も今日は行きつけのバーで飲んでおります。1杯目はこんなお酒です。



「何だ、ビールか」と思ったそこの貴方、もっとビールについて知るべきです!!「おっ、常陸野ネスト」と思ったそこの貴女、きっと僕とはいい酒が飲めるはずです(笑)

このビールは「常陸野ネスト」というビールです。木内酒造という茨城の酒造会社が作った地ビールなのです。しかも、もともとは日本酒の会社ですよ!!凄いと思いません?

しかし「地ビール」という響きに魅力を感じた人は多いと思いますが、結構な数の人が「ビールってそんなに美味しくない」「苦い」と言って飲まないという事実があります…もったいない!!

僕が読者の皆様に訴えたいのは「もっと世界のビールを知るべき」いうことです!!何故なら、日本の有名会社が作っている殆どのビールは種類としては全く同じビールだからです。要するに、サッポロ、エビス、キリン、アサヒで出ている殆どのビールは全く同じ種類のビール、ということになります。

ここまではなんとなく納得していただける方も多いと思います。しかし、次の言葉には「えっ!?」と思われる方がほとんどでしょう。それは…


「日本の第三のビールの味と、いわゆるビール(例えばアサヒスーパードライとか)の味を見分けられる人はまずいない」
「というか見分ける意味がない」

ということです。極論を言えば、日本の発泡酒や第三のビールと、例えばエビスやプレミアムモルツを飲んで「やっぱ違うな!!」というのはほぼ困難、ということなのです。一流といわれるビアテイスターの方ですら見分けがつかないといいます。

実は、日本人が「ビール」と思っているビール、いわゆるアサヒスーパードライやサッポロなどのことですが、これは「ピルスナー」といわれるタイプに全て当てはまります。つまり、本質的な味の違いはほとんど無いのです。ちなみに「ラガー」もまたビールの種類だったりします。


要するに言いたいことは「日本人でビールが好きでないと言ってる人は、ピルスナーが好きでないだけで他の種類のビールが好きな可能性はある」ということです。では、どんな種類のビールがあるのか?それは次回のブログで書きたいと思います。

そ、それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:こんな記事書きました!

続きを読む »

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。