スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

酒呑童子の右腕②

おはようございます、千尋です。最近ブログのコメントや拍手が少しずつ増えてきて嬉しい限りです(*^_^*)このブログは妖怪というかなりマニアックな題材をテーマにしているブログかつ便利なサイトを紹介するという一風変わったアフィリエイトブログでもあります。おそらくそんなブログを書いているのは僕だけではないのでしょうか(笑)これからももっと皆様に読んでいただけるような記事をかけるよう努力していきます!!

さて、前回のブログでは「茨木童子」について書きました。その上で茨木童子の名前の由来は「大阪府茨木市で生まれたから」だと説明しました。何故かと言えば、おなじみ僕が好きなゲーム「妖怪百姫たん」での設定がそうだったからということに加え、他作品の設定でもそういうものが多いからです。ところが調べてみると、どうも茨木童子の出生説にはもう一つ有力な説があるようなのです。今回のブログではそのもうひとつの出生説「越後説」について書きたいと思います。

「越後説」という名が示すように、この説では茨木童子は「越後」つまり現在の新潟の辺りで生まれた、と言われています。僕の勉強不足でしたが、どうも酒呑童子も越後で生まれたという説もあるようです。それによれば、酒呑童子は蒲原郡の砂子塚(現在の新潟県燕市砂子塚)生まれで国上寺の稚児だったが、茨木童子は古志郡の山奥の軽井沢(現在の新潟県長岡市軽井沢)の生まれであり弥彦神社に預けられていたと言われてます。酒呑童子にせよ茨木童子にせよ孤児がモデルになっている可能性もありそうですね。ちなみに、同地には酒呑童子と茨木童子が相撲を取った場所があり、茨木童子を祀る祠があるそうです。また、面白いと思ったことは、上記の地区では「茨木」姓が多く、茨木姓の家では節分に豆をまかない習わしがあり、また家の屋根に破風を作るとその家では不良が出るので作らないという言い伝えがある、という話です。茨木童子出生説が由来なのか、逆に茨木という苗字が多かったことが茨木童子出生説に繋がったのか・・・いずれにせよ、越後という土地が茨木童子に関わってそうな気がしてきますね。

そして、ここからが面白いのですが、もともとは酒呑童子も茨木童子も美男子だったというのです。そもそもこの両鬼が寺や神社送りになった理由も「美男子で知られ娘たちから沢山恋文を送られたり多くの女性に言い寄られたため、将来を案じた両親(特に母)に弥彦神社に送られた」ということらしいのです。当時の時代背景が伺えますね。ただ、この出生説は創作も入っているのでしょうが、どうもその恋文の中には「女性が自分自身の生き血を使って書いた」ものもあったようなのです・・・なんとも怖い。そして、これが悲劇を呼んでしまいます・・・

ある時、茨木童子が弥彦神社から実家に帰ると、母が行李の中に隠した「血塗の恋文」を見つけます。その血を指で一舐めするとたちどころに彼は形相が変わり鬼となり、梁をつたい破風を壊して逃げていきましたそのころ酒呑童子は、恋文の返事が来ないと悲観して死んだ娘(当時、こういった話はよくあったことのようです。時代背景なのか、あるいは現代で言うところのヤンデレなのかは定かではありませんが)のことを聞き、読まなかった恋文の入ったつづらを開けてみると異様な煙が立ち昇って気を失い、気づくと鬼へと変わり果ててしまいました。鬼になってしまった酒呑童子は寺から逃げて悪の限りを尽くすようになります。

やがて、似た境遇の両鬼は出会い、意気投合することになります。酒呑童子の家来となった茨木童子は周囲の村々を襲っていたのですが、その噂を聞いた母が、彼の幼い頃の産着を着けて茨木童子の前に立つと、茨木童子は急に子供の頃の想い出が甦ったのか「二度とこの地を踏まぬ」と約束して、酒呑童子とともに信州戸隠などを経て京へと向かったそうです。しかし、悲しい伝説でもあります。この後、京でも悪行を働いた両鬼は「源頼光とその四天王」に討伐されることになります。以前か名前をぼかしていた有名な武士たちとはこの源頼光、そして頼光四天王のことです。気付いてた方々も多いとは思いますが(笑)恐らく、次回のブログでは彼らについて取り上げることになります。まずは「源頼光」について、そして「源頼光と酒呑童子の関係」について書いていくことになるでしょう。

とはいえども今回のブログでは茨木童子について書いています。そのため、源頼光より先に「渡辺綱」の名前を出す必要が出てきます。ですが、今回は渡辺綱の説明は省き(次回以降のブログで説明します)、渡辺綱と茨木童子の関係を説明したいと思います。

渡辺綱1

この浮世絵は「渡辺綱が茨木童子の右腕を切り落とす」場面を描いたものです。というのも渡辺綱は「髭切」という名刀(とうらぶにも出てくるようです)を持っており、これが鬼を倒せる武器だったという伝説があるのです。そして、そんな伝説をもとに様々な物語が作られていきます。当然、鬼を切った、というのは創作の可能性が高いでしょうし、ある程度の脚色はあるでしょう。しかし、それを踏まえても多くの人間が知らないことがあります。

それは「そもそも渡辺綱が茨木童子を切ったという言い伝えは、なかった」ということです。では、何故上記のような浮世絵があるのでしょうか?

実は、元々渡辺綱が右腕を切り落とした鬼は羅生門の鬼だったそうなのです。ところが、後世で物語が作られていくにつれ、渡辺綱が頼光四天王として有名であったこと、酒呑童子を倒した頼光のイメージが強すぎたため、いつの間にか「渡辺綱が茨木童子の右腕を切り落とした」という物語が作られ、それが浸透してしまったようなのです。一説には、羅生門の鬼と茨木童子は同じ鬼とも言われていますがこの説はあまり肯定されていないようです。

そして、この認識は「妖怪百姫たん」でも同様であり、作中では茨木童子が渡辺綱に右腕を切られた設定になっています。といっても両者は憎み合っているというよりライバル関係のような感じですが(笑)こういう伝説は様々な説が多く、どれが正しいのかを特定するのは困難ですし、様々な説を楽しむ方がいいのかもしれないですね!!

ところでこういった知識を得るには、書籍を読んだりネットで調べるのが一番です。今回は便利な書籍のサイトを紹介します。








このように、一つは多くの書籍が揃っている電子書籍のサイトです。多くの本を読みやすいという点ではやはり電子書籍は便利です。そして、もう一つのサイトが「復刊ドットコム」というサイトで、絶版になった本を復刊させるサイトです。というのも妖怪に限らず、歴史や酒の本を読むことが多いのですが、そういったジャンルの本には既に絶版になってしまったものが結構多いのです。そのため、こういったサイトが便利なわけです。昔の漫画を探している人なんかにもおすすめですね!!


さてさて。朝というのに長文を書いてしまいました。ここまで読んでくださった方のために、僕が昔書いた酒呑童子と茨木童子の絵を載せたいと思います(*^_^*)

酒呑童子と茨木童子

・・・セーフだよな?(笑)セーフですよ・・・ね?

そ、それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:こんな記事書きました!

酒呑童子の右腕①

こんばんは、千尋です。最近はお酒に関する投稿が増えています。確かカクテルパーティと酒呑童子のことを書いたあたりからだったと思うのですが。しかし、同時に妖怪について書けていなかったという面もあります。そこで、今日は酒呑童子繋がりの妖怪であり、なおかつ酒が大好きだったと言われるとある妖怪について書きたいと思います。その妖怪とは・・・


茨木童子1

茨木童子です!!

茨木童子について説明します。茨木童子は先に説明した酒呑童子の筆頭家来であったと言われる鬼です。酒呑童子とともに悪行の限りを尽くした、と言われています。酒呑童子は「とある有名な4人の武士」に討ち取られることになりますが、茨木童子はそのまま逃げて姿をくらましたという伝説があるようです。

ところで、「童子」というのは高僧に仕える人間のことだという説明はしました。酒呑童子の場合は大酒飲みだったことがその名の由来と言われていますが「茨木」という名の由来は2つあると言われています。そのうち僕が元々知っている説を今回のブログで書き、残る説は次回のブログで書きたいと思います。決してブログのネタを増やすためではありません。

「茨木」という名の由来は大阪府の茨木市で茨木童子が誕生したことが由来、という説が僕が元々知っていた説です。茨木童子は生まれたときにはすでに歯が生え揃い、生まれてすぐに歩き出して、母の顔を見て鋭い目つきで笑ったため母はショックで亡くなったそうです。父は鬼のような赤ん坊を忌み嫌い、隣の茨木村の九頭神の森近くにある床屋の前に捨て、以後茨木童子は子のいなかった床屋夫妻の子として育つことになります。当然、茨木童子は床屋の仕事を教えられることになります。
ところがある日、童子はかみそりで客の顔を傷つけてしまい、あわてて指で血をぬぐったものの、指をきれいにしようと血をなめるとその味が癖になってしまい、以後わざと客の顔を傷つけて血をすするようになってしまいます。床屋に怒られた童子は気落ちして近くの小川の橋にもたれてしょぼくれていたところ、水面に写る自分の顔がすっかり鬼になってしまっているのに気づき、床屋には帰らずに北の丹波の山に逃げ、やがて酒呑童子と出会い家来となった、というのが茨木童子についての説の一つの大まかな概要です。ちなみに、茨木童子がしょげていたという橋は「茨木童子貌見橋」と呼ばれていたが現存しないそうで、跡地に碑が立っているそうです。

ちなみにこの茨木童子は、酒呑童子と同じく話の題材にされることが多く、能や歌舞伎、現在でもゲームのキャラクターとして使われることが多いです。ここでは「Fate」と僕の好きな「妖怪百姫たん」の茨木童子の画像を貼っておきます。

茨木童子fate

可愛いしなかなか雰囲気がありますが、そのキャラクター設定は「Fate」好きな友人曰く「愛すべきヘタレ」らしいです(笑)

お次に「妖怪百姫たん」での茨木童子さんはこちら。

邪顕鬼爪・茨木童子

なかなか格好良く書かれています。その性格は「姐御肌の酒好きな元ヤン妖怪」という感じです(笑)ちなみに「床屋で育てられていたが、床屋のオヤジと喧嘩して家出した」設定になっています。これが僕が「茨木出生説」を最初に知った要因だったりします(笑)ゲームの主人公もよく茨木童子と一緒に酒を酌み交わしている(というか飲まされている)ことが多いです。何となく茨木童子=日本酒というイメージですので、前回の記事に引き続いて日本酒のオススメサイトのリンクを貼っておきますね(*^_^*)












さて、茨木童子は歌舞伎や能でもよく取り上げられる題材なのですが、それが原因でとある勘違いをしている人がかなり多いのです。次回の記事ではそれについても書いてみたいと思います。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ

カクテルパーティーでした!

こんばんは、千尋です。前のブログで書いたとおり、今日はカクテルパーティーでした。実は少しだけ僕も企画に携わってたりします。ホントに少しだけ(笑)

とりあえず写真を上げていきますね(*‘ω‘ *)









このように、様々なカクテルを皆様に楽しんでいただけました!これからもこのブログでは自分が携わるイベントについての宣伝を行っていきますね(*^^*)

今日のカクテルパーティーのコンセプトはただ酒を飲むだけでなく「作る」ということにも力を入れました。すなわち、お客様にカクテル作りを体験してもらう、ということをしました。体験していただいた方に楽しんでいたら嬉しいです(*^^*) 


さてさて、今日のカクテルパーティーではお酒だけでなく様々な企画も行いました。その一つが「タロット占い」でした。そのタロット占いをしてくださった方が只者ではありません…なんと、アンビリバボーにも出演されていた立原美幸さんが占って下さったのです!!なんと、アンビリバボーにも出演されていた立原美幸さんが占って下さったのです!!なんと、アンビリバボーにも出演されていた立原美幸さんが占って下さったのです!!

立原さんはいわゆる霊能力者として有名な方でタロットが恐ろしいほど当たるとのことでした。僕はあまりそういった知識はなかったのですが、恋愛運と仕事運を占って頂きました。


…ガチで凄かった(笑)いや、恐ろしいほど当たってました(゚д゚)!宣伝とか誇張とかではないです。ほんと凄かった!!他のお客様も同じ感想だったようで大盛況でした。いや、立原先生は凄い…こういったイベントに関わると様々な人に出会えて面白いです!!

ちなみに占いコーナーの隣にパワーストーンコーナーもあったのですが、占いを信じて自分に向いたパワーストーンのブレスレットを作ってもらいました(*^^*)



凄くお洒落なので毎日付けたいです(*^^*)

それにしても、このイベントを皆様にもっと早く紹介できなかったのが悔やまれます…今後は様々なイベント情報も紹介していきますね!!

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m





人気ブログランキングへ

今日は企画したカクテルパーティーの日だったりします(*‘ω‘ *)

こんにちは、千尋です。今日はこれから茨城でカクテルパーティーがあるのです(*^^*)取り急ぎ報告まで(笑)

終了したら詳細載せますね!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m





人気ブログランキングへ

妖怪ってかわいい!?





こんばんは、千尋です(^^)先ほど帰宅したのですが、暗い廊下から急に人影が・・・もしかして妖怪!?
なんて思っていたらただの隣人でした(笑)

何がおかしいって「もしかして妖怪!?」と書きましたが、怖い((((;゚Д゚))))という感情ではなく( ^ω^)ワクワクという感情だったこと(笑)
普通の人から見たら僕はただのおかしい人ですよ(笑)まあ、変わり者とはよく言われるのですが(; ^ω^)

どうしてそんな感情になったかというのは簡単で、美少女妖怪が登場するゲーム「妖怪百姫たん」にハマっているから。ストーリーもよく練られてるし、主人公が程よいくらいに真面目スケベで面白い(^^)知らない方のために以下にリンク載せておきます。
URL→http://yokai-hyakkitan.com/

さてさて、現実にはこんな可愛い妖怪がいるかといえば分かりません。例えば、かまいたちというのは急にスパッと切り傷が出来るのが妖怪の仕業とされて生まれたわけです。しかし、現代では科学的に説明される現象だとされています。だけどもしかしたら鎌をもったイタチがいるのかもしれない・・・という想像をして見るのも僕はいいと思うのです。

ところで妖怪というのは海外でももちろん存在します。僕は英語力維持のためにSkypeなどで友人やそれ以外の外国人の方々と話すことが多いのですが、そこで妖怪の話をすることがあるのです。意外かもしれませんが、食いついてくる人が多いものです。ベタなのは吸血鬼の話とか(笑)

そういう風にして国際交流をしていくのがいいと個人的には思います。そのためには、英語力が重要ではあります。ただ、何も難しいことをする必要はないと思います。それこそ中学校で習うような英語を「話す」ことができればそれなりに会話はできます。
例えば以下のリンクですが




「通じる」英語と書いていますが、小中学生でも出来るということは難度がものすごく高い訳ではありません。やはり英語は「言語」ですので如何にして「話す」かということだと思います。
ちなみに僕が利用しているのは以下にリンクを貼ったやつです。




やはり話すことで英語が伸びると思います。

だいぶ話が英語方面に逸れてしまいました(笑)先ほど紹介した妖怪ゲーム、なんと台湾でも大人気らしいのです!!妖怪を通じた国際交流が割とガチで僕の夢だったりします(笑)






検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。