スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ようやくブログを書く時間が出来ました

お久しぶりです、千尋です。ビジネスで忙しすぎて全然ブログを更新できてませんでした!!これはいかんですよね・・・

この一ヶ月で何故か投資の話をよく聞く機会が増えたのですが、最近は仮想通貨投資が多いようですね。ただ、あまり高額を出すのも躊躇ったので、少額での投資がないかと探してみました。そしたら面白いものがありました。

https://rightrise.com/?r=Tomo1

これは「Right Rise」というもので、イギリスのマンチェスターの会社です。
スピード違反を取り締まるための高機能カメラを大量に購入するためにお金を集めている、要するに投資を求めているようです。

『スピード違反の罰金のうち40%をRightRiseに支払う』
という契約をイギリスと交わしており(証拠不十分なのですが)その収益からユーザーへ配当金が支払われる、というものです。
これは30ドルから投資可能なので捨て金を使って投資するのもありかもしれません。というか投資は「消えてもいい金」でやるべきですよね。

ちなみに僕は90ドルで投資してみましたが、今のところは配当は入ってきてます。無くなっても良い程度の金で始めるのは面白いかもですね(#^.^#)

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!
スポンサーサイト

仕事にかまけた結果

ブログの更新が全然出来てませんでした。申し訳ありません(´・ω・`)

というのもほぼ毎日東京でビジネスをしていた結果、ほんとにブログを書く時間がなかったのです。言い訳ですね(´・ω・`)だってそんな中でも飲みはしていたわけですからね。


僕にとってある意味酒は命です。そして酒の中に名前の由来が「命の水」というものがあります。それは…



そう、ウイスキーです。ゲール語の「ウシュク・ベーハ」が元になっています。日本語表記がこれであっているかはちと自身がないのですが(笑)

そして、ウイスキーもまた種類が多いので一言では語りきれません。シングルモルト、バーボン、ブレンデッド…そしてこの分類の中にそれぞれ沢山のウイスキーがあるのです。

今回は導入ですので次回からウイスキー紹介をしていこうと思います(*^^*)お楽しみに!!

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

英語学習お勧めの方法⑤

こんにちは、千尋です。最近はビジネスやらなんやらで東京に行く機会が激増しています。しかし、ビジネスもまたコミュニケーションで成り立つもの。自分の考えを伝えられない人はダメってことになります・・・厳しい言い方ですかね?しかしながら、その場での決断がビジネスにはかなり重要になります。僕は元々熟考型なのですが、それがアダとなってしまい結局大事な時に動けないなんてことがしばしばありました。勿論考えなしに動いてもしょうがないのですが。

英語学習も同様で、何の考えなしに動いても身につくことはないものです。「どうして英語を学ぶのか」「何で英語を使うのか」・・・小さな理由でも明確にするべきです。

以前から僕は何種類か英語の教材を紹介してきました。












これらの教材を活かせるか活かせないかは結局やる人の心がけ次第です。それと同時に「何」を身につけたいのか・・・これを明確にする必要があります。

では、具体的にはどのように学習するべきなのか?これを次回のブログでは書いていきたいと思います。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

英語学習お勧めの方法④

こんにちは、千尋です。本日は東京で異業種交流会に行ってまいります。

という訳で前回に続いて英語学習について書いていきますよ!!

前回は、下記のような英語学習方の紹介、日本での義務教育はもっとスピーキングに力を入れるべき、と書きました。そして「TOEIC」についての話を書くことする、と記しました。












TOEICについてはご存知の方も多いと思います。TOEICとは「Test of English for International Communication」の略称であり、日本語にすると「国際コミュニケーション英語能力テスト」となります。主にはビジネス英語が使用されるテストになっているのが特徴と言えます。ちなみに満点は990点です。僕の友人の最高得点は810点です。ちなみに友人は870点取った男がいます。

ですが、TOEICもまた「会話力」に直結するものではありません。確かに僕は留学をしたことでTOEICの点を伸ばすことが出来ましたが、TOEICの点が高いといってもそれが留学に有利に働くものとは限りません。なぜなら、TOEICはリスニング100問を45分、読解100問を75分で解く形式なのですが、問題の中身は変われども仕組みは同じため容易に対策が出来てしまいます。そのため、机上の勉強のみで高得点が取れたりすることがあるのです。また、マークテストのため、カンが当たったり、問題に慣れていない人が不利になることがあるのです。それを踏まえてか、最近ではTOEICスピーキングテスト、ライティングテストというのもあります。

そして、これが僕の友人が言っていた面白い話なのですが「TOEICは英国では現在全く評価されていない」
そうなのです。ちなみにこの友人というのは英国人です。彼によると、英国のTOEICで大々的な不正行為が行われたらしく、かなり厳しい処置が課されたそうです。その結果、TOEICの結果は英語能力評価に当てはめない、つまり考慮しないことになったそうなのです。

勿論、留学してくる生徒のTOEICの点数は考慮するようですが、英国ではIELTSというテストが主流になっています。僕も「英国に永住する気があるならIELTSの勉強をしたほうがいい」とアドバイスされた経験があります。その時は時間がなく断念しましたが、受けておくべきだったかもしれません。次回のブログでは、このIELTSについて書いていきたいと思います。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!

英語学習お勧めの方法③

こんにちは、千尋です。流石に寒さが増してきましたね。英国にいた頃は9月前半くらいから急に寒くなったような記憶があります。

という訳で前回に続いて英語学習について書いていきますよ!!

この前から僕は数種類の英語学習教材を紹介しています。












これらは実践的なスピーキング、リスニングをするものです。ですが、どんなに教材が良くても人によってその伸び幅は大きく違いがあります。おそらく、数学、社会、理科といった教科と比べてもその差は大きいものとなるのではないかと思います。

これは、僕の友人で英語塾に勤めていた男の話なのですが「単純な知識では進学校にいる子のほうが覚えは早いけど、会話できるようになるまでの時間には学力との相関がほとんどない」とのことでした。では何が相関しているのか?と尋ねると答えは「コミュニケーション能力と怖気づかない心」だそうなのです。言葉は悪いですが、所謂学力が低くてもコミュニケーション能力が高く怖気づかない子は会話能力の向上はかなり早いそうです。ただ、使っている単語や文法に間違いが多かったりするようですが、それでも伝わるレベルにはなるそうです。さらに面白いのが、そういったタイプの子は会話で語彙力、文法が磨かれていくケースが多々あるという話です。

日本では、いや、これはどこの国でもそうでしょうがまずは「知識」を得てから「実践」をします。野球では素振り、ノックなどをこなして試合に出れるようになります。同じように英語だって文法や単語を覚えないと会話は出来ません。ところが、そういった知識が不十分だけれども会話能力が伸び、更にそこから文法等が磨かれる・・・これが「語学」の面白さなのかもしれません。

実際、日本人の英語学習は「実践力」の部分においてはかなり軽視されている気もします。もっと会話練習に力を入れるべきかもしれませんよね。


ちなみに、先程の友人は「TOEIC」についても面白い話をしてくれました。この話については次回のブログで書きたいと思います。

それではここまで読んでくださった皆様、ありがとうございました!!
※お手数ですが、宜しければ以下のリンクのクリックお願いいたしますm(_ _)m








人気ブログランキングへ
このエントリーをはてなブックマークに追加

以下は僕が利用しているブログサークルのリンクです。面白い記事が見つかるかも?
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事あります
ブロトピ:ブログ更新しました
ブロトピ:ブロトピ投稿でアクセスアップ‼
ブロトピ:こんな記事作りました
ブロトピ:今日のブログ更新
ブロトピ:ブクマお願いいたしますm(__)m
ブロトピ:こんな記事書きました!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。